Author:
• 土曜日, 7月 26th, 2014

小学生の息子が「学校に行きたくない」といって、朝出かけていきました。
登校拒否かと一瞬心配しましたが、単なる愚痴だったようで安心しました。
行ってしまえば、お友達がいるので、楽しいのでしょう。

昨日は、日直で、「大変切り盛りが難しかった」といっていました。

授業前のあいさつは日直の仕事です。
お友達と交代しながらやるのですが、おとなしいお友達なので、自分がしきらないといけないのだと誇らしげでした。

私が学校に通っていたのなんて、はるか昔なので、どんなことをしていたのかさえも、思い出せません。
そういえば、日誌のようなものを付けていた気がします。

欠席者の報告だったり、職員室にもいくのでしょうか。
そんなことをやりながら、子どもは成長していくのですね。

Category: nocategory
Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.